BLOG

導入を検討している
先生、並びにスタッフの皆様へ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 導入前に知って欲しい事
  4. お年寄りと診療予約システム

お年寄りと診療予約システム

~お年寄りは、インターネットが苦手?~

今回は、お年寄りにとっての【診療予約システム】について考えてみたいと思います。

デモ中にご質問いただく内容の中に「お年寄りはインターネットを使うのが難しいから、【診療予約システム】を入れても、イマイチ使いこなせないのではないか?」といった話が時々あがります。確かにイメージとして、お年寄りとインターネットがまだまだ近い関係とは言えないような印象がありますし、「スマートフォンよりもガラケーを使っている人が多い」とか「インターネットといっても家でパソコンを使って」というようなこともありそうな感じがします。

しかし一方で、お年寄りがスマートフォンを持っている光景を見てもそれほど珍しくない雰囲気にもなってきました。ガラケー前提のサービスも次々終了していますし、かといって携帯電話を持っている人の方が少ないかというとそんなこともなさそうに思います。

なんとなくのイメージだけでは実際のところはわかりませんので、総務省の調査データを元に考えてみたいと思います。

~年代別、インターネット利用者の割合~

総務省から定期的に出ている「インターネット利用の広がり」(https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd142110.html)という調査報告があります。今出ている情報は平成30年版が最新バージョンのようなので、今回はその調査結果を元に話を進めていきたいと思います。

報告によると、2017年時点で13歳~59歳まではいずれも90%以上の人がインターネットを利用していました。過去との比較では、60代だと2008年時点で50%程度だったものが2017年には70%以上に、70代は30%弱であったのが50%弱にまで増加しています。80代以上の利用者はさすがに目に見えて少なくなっているものの、およそ20%程度、つまり5人に1人程度はインターネットを使っていることになります。個人的な感想ですが「思ったより多くのお年寄りがインターネットを利用しているんだな」と、少し驚きました。

次に端末別の傾向を見てますと、2018年時点で13歳~49歳はいずれも80%以上がスマートフォンの利用者で、これはさすがにイメージ通り「利用ツール第1位」です。50代になると利用者の割合少し下がり、75%程度がスマートフォン利用者。同時に50代は72%がパソコン利用者なので、2018年時点で50代は「スマートフォンも使うし、パソコンも使う」という境目の世代である様子がうかがえます。

~10年後は、90%を超えるとの見方も~

さらに60代になるとパソコンとスマートフォンの順位が逆転していき、パソコンの方が馴染みのツールになります。80代以上まで進むとパソコンが1位のままで、スマートフォンではない携帯電話、いわゆるガラケーとかフューチャーフォンなどと呼ばれるものがスマートフォンを追い抜いて2位になります。

それでもおよそ30%はスマートフォンを使っているとされていますので、80代の人が100人いたら20人くらいがインターネット利用者で、そのうちの30%なので、理屈上はおよそ100人に6人程度がスマートフォンを利用してインターネットをしているということになります。

同報告内、総務省の記述によりますと、

60代以上のインターネット利用割合の増加要因としては、概ね2008年調査の50代以上の利用割合が、2017年の10歳年齢階層が高い層の利用割合と同程度であることから、新規利用の増加よりも、むしろインターネット利用者の加齢の結果と考えられる。

ということですので、この先の予測を調査時点からの延長線上で考えてみると「およそ10年後の2027年か2028年頃には60代でも90%以上がインターネット利用者になる」という見方もできるかもしれません。あるいは革新的なツールができれば、インターネットはもっと加速度的に普及するのかもしれません。

~診療予約システムの導入は先送りすべきか?~

日本全体の中でインターネットが普及してきていることはわかりましたが、同時に「クリニック向け・診療所向けの【診療予約システム】」という括りで考えると、まだまだ「インターネットが中心」とは言いにくいことも見えてきました。多くの医療機関では80代の方も結構来ますので、今のところ「80代以上の高齢者」も視野に入れて対策を考える必要がありそうです。つまり、「インターネット利用もスマートフォン利用もしない方」を含めた使いやすさを考えないと、【診療予約システム】に対して不公平感を募らせる患者さんが多くなってしまうのが現状なのです。

そこで「【診療予約システム】は、導入するには早すぎる」と結論を急ぐのも極端な話で、大事なのは最大公約数的な落としどころを考えることです。つまりこの状況を「ネット利用が苦手な人にもメリットのある【診療予約システム】が望まれている」と捉えて、「80代以上の方にも安心して使っていただける」システムの運用を検討するべきです。別の記事にも書きましたが、「紙の番号券」や「院内モニター表示」あるいは「電話呼び出し機能」といった「わかりやすさ」がポイントになってくると思います。

デモ(無料)では、「お年寄りも含めて、どうすれば使いやすい【診療予約システム】になるのか」といった部分も、状況やご要望に合わせてお応えさせていただきますので、是非ともご検討ください。

ご連絡、お待ちしています。


ブログの更新情報をSNSでチェック!
Facebookページを「いいね!」⇒ https://www.facebook.com/iTICKETCorp/
Twitter「フォロー」⇒ https://twitter.com/iTICKETCorp/

インスタグラムで導入クリニックをチェック!
Instagramを「フォローする」⇒ https://www.instagram.com/iticket.corp/

関連記事