BLOG

導入を検討している
先生、並びにスタッフの皆様へ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. インフルエンザワクチン
  4. インフルエンザワクチンの予約から見える集患のポイント

インフルエンザワクチンの予約から見える集患のポイント

今年もインフルエンザワクチンの季節がやってきました。

今年は新型コロナウィルスの影響もあって、例年に増してワクチンを打つ人が多くなりそうですね。当社でもインフルエンザワクチンを接種するよう社員にお達しが出ていますが、世間一般的にも、特に飲食業の方などは「必ずワクチンを接種するように」会社から言われている人も多いようです。

ところで恥ずかしながら、私はここ数年インフルエンザワクチンの接種をサボっておりました。特に受けない理由がある訳ではなく、何かと忙しくしている間になんとなく時期を逃してしまい(昨年は秋口に大きく体調を崩してしまった影響もあり)毎年受けそびれてしまうのが恒例のパターンとなっていました。そんな訳で、今年はしばらくぶりにクリニックへの予約からやることになったのですが、実はこの記事を書いている時点で接種どころか予約がまだできていません。

まず、加入している保険組合から補助が出るとのことで、組合指定の医療機関から選択することになりましたが、残念ながら対象機関一覧の中に普段かかりつけのクリニックが含まれていませんでした。かかりつけクリニックの先生は私の子供もあわせて、何かと体調を崩した際にお世話になっているので安心感がありますが、対象にならないのでは仕方がありません。今度は補助対象となっているクリニックを自宅付近で絞り込んで見てみますと、どこも行ったことがないクリニックばかりだったので、まずは情報を集めてみることにしました。

手掛かりは、次のようなものです。

・クリニックのホームページ

・口コミサイトの口コミ情報

・家からの距離

・インターネット予約対応か否か

調べていて意外だったのは、自宅近くだとホームページを持っていないクリニックが結構あることでした。ホームページが無いと、一体どんなクリニックなのかさっぱり手掛かりがつかめませんので正直積極的に選びたくはないのですが、結構無いので困りました。

次に参考にしたのはネットの口コミ情報ですがこれはあまり信用できるものでもないので、いくつかのサイトを見て「酷い書き込みばかりのところは外す」程度の参考と考えました。全く口コミが無い所よりは、良い評判と悪い評判が少しずつあるくらいの方がなんとなく信憑性はある感じがしました。

残念ながら今回、インフルエンザの予防接種をインターネットから予約できるところは近くの補助対象クリニックの中には見つけられなかったのですが、あれば間違いなくそこに決めていたと思います。というのも、私の昼休憩や業務終了後の時間では、クリニックの休憩や業務終了と重なってしまってほとんどの場合受付時間外になってしまうためです。翌日まで持ち越す方が嫌なので、仕事終わりなど思いついた時に予約ができる状況にあれば、多少家からの距離が遠くても飛びついていたと思います。

残念ながら今回はあまり特別な情報もなく、インターネットの予約もできそうになかったので、自宅から一番距離の近いクリニックに電話をかけたと思ったら「只今受付時間外です」とのこと。残念ですが、また明日改めます。

昨今は患者さんを集める「集患」という考え方を意識する先生も多いと思いますが、この一連の動きは集患のヒントになると思いました。もちろん私個人の考え方や行動の仕方が誰にでも当てはまるわけではなく、一般的であるかも疑わしい限りなのですが、

・事情があって、行き慣れないクリニックを選ばなくてはいけない状況になる。

・行き慣れていないクリニックに対して、警戒心を持ってしまう。

というのは、極々あり得る話ですし、

・手軽に得られる情報は、ホームページと口コミサイトからのもの。

・インターネットで予約できる方が、できないところより行きやすい。

というのはもはや特別な状況では無いと思います。

そう考えると、改めてホームページで情報を発信したり、予約が取れるようにしておいたり、口コミに発展するような接遇に関する部分を意識したり(場合によっては待ち状況を表示しておけるようにしたり)、というのは当たり前ながら大事だと感じましたし、地域性はあるかもしれませんが意外とまったく手がつけられていないクリニックも多いのだと感じました。

特にインフルエンザワクチンの接種は普段クリニックに通わない人も多数混ざっていますので、ワクチン接種が今後の様々な相談を受けるきっかけにもなり得ます。

インターネット予約そのものはシステムを入れさえすればどのクリニックでも可能ですので、集患に興味のある先生はご検討なさってみてください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事