アイチケッター

感染拡大防止の観点から
接触機会の削減を目的とした
順番予約向けオプション

【アイチケッター】は、感染症対策をサポートするために開発された、順番予約向けの非対面型無人受付オプションです。

滞在人数×滞在時間×接触回数

クリニックの中で感染症の拡大を防ぐためには、滞在人数のコントロール、滞在時間の短縮、接触機会の削減といった、3つのポイントへの対策が重要とされています。

「待ち時間を待合室の外で過ごせる。」「クリニックの外から、適切なタイミングで戻って来られる。」「スタッフと患者、あるいは患者同士の接触を最小限に留められる。」そんな環境を実現するために、予約システムは有効です。

オンラインで予約をしておけば、待合室で過ごす時間は短くできます。適切なタイミングで来院すれば、他者との接触は減らせます。しかし、クリニックにはオンラインで予約を取らずに来る方もいます。例えばスマートフォンなどのツールが苦手な方、あるいは予約システムの存在を知らなかっただけの方もいるでしょう。オンライン予約を活用されなければどうでしょうか。予約システムによる感染症対策はオンライン予約を使わずに来た方には有効ではないのでしょうか。

院内×オンライン×電話呼出

オンライン予約を使わない場合も、スマートフォンで待ち状況を確認することはできます。つまり、待合室の外で過ごすことも、適切なタイミングで戻ってくることもできます。しかし、できるだけ院内に留まらないようスタッフからお願いする際、外出先から戻ったことを告げる際、そこには至近距離でのコミュニケーションが発生します。

さらにこの場合、スマートフォンに不慣れなお年寄りにとっては、そもそも外出しやすいとは言えません。せめて電話で呼び出す機能を組み合わせたいところですが、外出のたびに個別設定をすればクリニックの手間が増えてしまいます。

「オンライン受付と電話呼び出し機能を合体させて、さらにスマートフォンよりも楽に、院内から操作できる仕組みが必要だ。」非対面型無人受付オプション【アイチケッター】の開発は、こんな発想からスタートしました。

例えば予約システムのことを知らずに来た方に。あるいは、スマートフォンをお持ちでない方に。なんとなく機器に対する苦手意識のあるお年寄りに。

より多くの患者様にとっての順番予約を【アイチケッター】がサポートします。

感染症対策をサポートする非対面型無人受付オプション

画面の大きなタブレットで楽々操作。順番が近づくと自動的に電話が鳴ります。

1.来院します。
2.タブレット端末で受付します。
3.駐車場など外で待機します。
4.自動電話で「もうすぐ順番です」と知らせます。
5.クリニックに戻ります。

スマートフォンよりも大きい画面で快適に操作できるだけでなく、電話呼出し機能がクリニックに戻るタイミングを自動で知らせてくれます。

※外出時の電話呼出し機能のみ、切り離して使うこともできます。
※【iTICKET Smart Cloud】または【iTICKET mini】の契約が別途必要です。

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら