BLOG

導入を検討している
先生、並びにスタッフの皆様へ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 電子カルテ連動
  4. 電子カルテ連動は必要か

電子カルテ連動は必要か

今回は、「予約システムの電子カルテ連動は必要なのか?」といったことについて考えてみたいと思います。

もちろん、目的によっては便利に使えることもあるとは思いますが、「連動していないとダメか?」と言われると、それは違うように思います。

ちなみに、アイチケットを使っていただいているクリニックの9割以上が、電子カルテとの連動はしていません。つまり、アイチケットユーザーでは連動する方が少数派になります。従って、アイチケットを使う上では、電子カルテと連動せずとも実質問題は無いということになります。

電子カルテと連動する目的について考えてみると、大きくは2つあると思います。1つ目は「予約システムにかかる医院側のスタッフさんの手間を減らしたい」、というような目的。もう1つは「患者さん側の予約を取る際の入力の手間を減らしてあげたい」、というような目的です。電子カルテが持っている患者さんの情報を予約システムと共有することで、これらの手間を減らそうというのが、概ね電子カルテとの連動を希望されるそもそもの動機だと思います。

「予約システムにかかるスタッフさんの手間を減らしたい」という話で言えば、そもそも手間がかからないシステムを目指すのが本来であって、複雑に色々組み合わせるのではなく、シンプルで分かりやすいシステムになるよう設計すべきです。連動しなくても簡単な操作であれば連動は必要ないですし、逆に操作が複雑なシステムであれば、その複雑さを解消するために連動が必要になってしまいます。要は、システム側の基本的な設計によって、要・不要の判断が変わってくるということですが、大事なのは最終的に「手間がかからない」ことですから、そもそもが複雑であるシステムを「電子カルテ連動」という方法で上塗りする形で解消するのは、あまり健全とは思えません。

少なくとも電子カルテ連動による業務の効率化は「できたら便利」という程度を前提としておくべきで、「連動しないと使いものにならない」というような複雑なシステムにはしない方が良いと思います。実際のところ、運用していたら一時的な不具合で切り離して使わないといけないことも出て来ると思いますが、そんなときに連動を前提としたシステムではストレスが溜まって仕方ないように思います。確実に止まらず動き続けるようなシステムであれば良いのでしょうが、汎用のパソコンや家庭用クラスのネットワーク機器を使うようなシステムであれば、それを望むのは難しいと思います。

一方、「患者さん側の手間を減らしてあげたい」という話に関しては、電子カルテから情報を引用する以外にも方法があります。それは、医院の外側に「患者情報を登録できる場所」を作って、そこと予約システムをつなぐ方法です。アイチケットでは「アイチケット広場」という場所を作って、そこに患者さんが登録するようにしています。アイチケット広場には「アイチケットを利用していただいているクリニック」も登録されていて、患者さんはアイチケット広場を通してクリニックとつながり、予約を取ることができます。

そもそも、電子カルテ上にある情報は「診療行為に必要」として収集された情報ですから、予約を目的として、個別許可を取らずに自動的に情報を連携させることに対して抵抗感を持つ患者さんは、少なからずいるように思います。アイチケットでは「予約を目的とした情報の登録」を患者さん自信がおこない、「予約できる環境を備えたクリニック」とつながる場所を作っています。アイチケットでは「予約をしない」患者さんの情報はシステムと無関係で済みますが、一般的に電子カルテ連携を前面に押し出している予約システムは、「予約をしようが、しまいが関係なく」患者さん全体の情報をシステムが持つことになります。これは「自分の情報が勝手に流用されていることが生理的に気持ち悪い」という話だけではなく、セキュリティのリスクが高まるということでもあります。もちろんそれに対するセキュリティ対策はおこなう訳ですが、はじめから電子カルテのデータを使わない前提で仕組みを作った方が、よりセキュリティを高く保ちやすいと言えると思います。アイチケットで電子カルテ連携をすることもありますし、連携したからといって必ずしも「危ない」という訳でもありませんが、連携しないより連携した方がセキュリティのリスクが高いのは事実です。その点は連携希望の先生にはきちんとご説明するようにしています。

昨今は予約システムと電子カルテが連携・連動しているのが割と当たり前のような風潮になってきていますが、やはり電子カルテは患者さんの個人情報がつまっているものですから、利便性に偏りすぎた考えにならないように、引き続き我々も注意していきたいと思っています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事