BLOG

導入を検討している
先生、並びにスタッフの皆様へ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 順番予約
  4. 順番予約という方法

順番予約という方法

今回は、【順番予約】について考えてみたいと思います。

【順番予約】というのは一般的には聞きなれない言葉かと思いますが、要は順番取りの仕組みの事を言います。銀行や市役所で番号を持って待つ経験は多くの方がされていると思いますが、それが【順番予約】の考え方です。次の番号が電報掲示板に表示されたりするのと、紙やプラスチックの番号札で自分の番号を割り振られる仕組みのことです。

クリニック向けの予約システムで【順番予約】という時には、スマートフォンなどをつかった、インターネットで順番を取る仕組みとセットで語られることも多くあります。「スマートフォンでクリニックに行く前に順番を取るので、順番予約と呼ぶ」という考え方もありますが、直接クリニックに来た人にも番号券を配ったりするのが一般的ですから、インターネットで予約できるか否かに関わらず、順番取りの仕組みは順番予約と呼んで問題無いと思います。

ちなみに、この【順番予約】という言葉はアイチケットが考えて使い始めたものだと聞いたことがあります。事実かどうかは定かではありませんが、それくらいアイチケットはこの【順番予約】と近い関係であると言えます。実際数年前までは、順番予約のみのシステムで時間帯予約はやっていませんでした。

【順番予約】の場合は当然と言えば当然ですが、基本的に先着順となります。朝、窓口を開けてから順番に番号券を配っていき、少し落ち着いたところでインターネットからの順番取りが始まる、というのが良くある流れかと思います。

前に、時間帯予約の注意点として、予約自体を少なめの人数にしておくのが重要だというお話をしましたが、順番予約であればその点はある程度の融通が利きます。ただし順番予約も万能ではなくて、当日の状況に左右されて待ち時間は長くなったり短くなったりしますので、その時その時の待ち状況を気にしていないときちんと順番が守れません。待ち人数を元に「家で待つ」とか「外出する」とか「医院に向かう」などの判断をしてもらう必要がありますし、それはそれでひと手間ではあります。それでも、順番予約の場合には約束しているのが【順番】ですから過剰な期待を患者さんにさせないで済みますし、患者さんからしても、無駄に期待しない分満足度も下がりにくいと言えます。

順番予約の場合に注意しないといけないのは「わかりやすさ」です。順番を患者さんが守ってくれないと「呼んでも院内にいない」というような状態ができてしまい、それが続くとドミノ倒しのように「呼ばれても外出先から帰ってくるのが間に合わない」という患者さんが続出します。こうなると順番通りに進まないことで目安もわからなくなりますから、システムを入れていようが、待ち状況を表示していようが、実質効果は期待できません。システムの意味が無い状態と言っても、過言ではありません。そうならない為にも、やはり順番を守ってもらうための工夫が重要になってくるというわけです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

月を選択