BLOG

導入を検討している
先生、並びにスタッフの皆様へ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 予約システムの使い方
  4. 順番予約の神髄~第11回~「呼び出し操作」の話をしよう(1)

順番予約の神髄~第11回~「呼び出し操作」の話をしよう(1)

~前回までのおさらい~

シリーズ「順番予約の神髄」第11回目です。これまでの記事は下記をご参照ください。

順番予約の神髄
●順番予約の「基本」

順番予約の「基本」(1)
順番予約の「基本」(2)
順番予約の「基本」(3)
順番予約の「基本」(4)
順番予約の「基本」(5)
順番予約の「基本」のまとめ
●受付操作の基礎知識
受付操作の基礎知識(1)
受付操作の基礎知識(2)
受付操作の基礎知識(3)
受付操作の基礎知識(4)

今回から、「呼び出し操作」について追っていきましょう。

~「呼び出し」ボタン~

クリニック
クリニック
今回から、
「呼び出し操作」
なんですね。
はい。まずは、
画面のおさらいから
いたしましょう。
アイチケット
アイチケット

こちらが順番予約
「シンプルモード」
の操作画面でした。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
真ん中のボタンが
「呼び出し」
ですね。

その通りです。
こちらの操作に
関するお話を
いたします。
アイチケット
アイチケット

~ボタンを押すと?~

クリニック
クリニック
ボタンを押すと、
どんな動きに
なるのですか?
まず、中央にある
「現在の呼出番号」
が1つ進みます。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
番号が、進む。
同時に、その下の
「待ち状況/時間」
が、1人分減ります。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
待ち人数と時間が、
減る。
同時に、
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
まだ、ありますか。
音が鳴ります。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
音が、鳴る。
以上です。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
つまり、
番号が進んで、
進んだ分待ちの
人数と時間が減って、
同時に音が鳴る、
ということですね。
はい。厳密には
WEB上の待ち状況とも
連動していますので
他にも「呼び出し」
ボタンを押した影響は
いくつかありますが、
院内的にはそうです。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
音は何のために
鳴るのですか?
主に患者さんの
「気づき」を
促すためですね。
場合によっては
音を鳴らさない
事もあります。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
あぁ、鳴らなくても
良いんですね。
はい。スタッフ様が
お声がけするのが
一般的ですので、
声がかかる前に
音が鳴って番号が
進むことで、
より分かりやすい
と感じていただける
時は鳴らす、不要で
あれば音は消す、
という感じです。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
そっかあ。
「呼び出し」という
くらいだから、
音声で呼び出して
くれるのかと
思ったんですが、
違いましたね。
音声呼出も
可能です。
アイチケット
アイチケット

設定画面がこちらです。
例えばこの設定で
1番の方を呼ぶと
「お待たせ致しました。
 1番の方。診察室に
 お入りください。」
という音声が流れます。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
えっ?!
できるんですね。
そっちのが断然
良いじゃないですか。
ありがとうございます。
ただしこの場合は、
スタッフ様が状況を確認
してお声掛けするのとは
やや動きが違います。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
どのあたりが?
一方的に呼び出す
ことになりますので、
患者さん側にも
「自動音声で呼ばれたら
 移動するんだな」と
自覚しておいていただく
必要があります。
受付などで先に
言っておかないと、
うまく伝わらないかも
しれません。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
まあ、確かになぁ。
スタッフ様が
お声がけをして、
患者さんを呼び出す
のであれば、むしろ
邪魔になりかねません。
しかし、
患者さんがご理解
されていれば、
スタッフ様の動きを
少なくできるので、
音声呼出を使った方が
効率的と言えます。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
なるほどなぁ。
それだと、音声呼出は
システムが患者さんに
少し浸透してから、
始めた方が良いかも
しれないですね。
そうですね。
徐々に変えた方が、
患者さんも
慣れやすいと
思います。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
確かに。
ちなみにこの音声、
機械的な合成音声
ではなく、
プロのナレーター
の録音データを
組み合わせています。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
ほぉー、なかなか
手が込んでますね。
はい、やはり
機械的に呼ぶとしても、
「患者さんに温かみが
 伝わるように」
と考えて、少しばかり
手をかけました。
アイチケット
アイチケット
クリニック
クリニック
そうですか。
いずれは使ってみたい
機能ですね。
ぜひとも、
ご活用ください。
アイチケット
アイチケット

さて次回も引き続き、「呼び出し操作」について追っていきましょう。

電子書籍の配布や、
オンラインセミナーなども
定期的に開催しています。
アイチケット
アイチケット

ブログの更新情報をSNSでチェック!
Facebookページを「いいね!」⇒ https://www.facebook.com/iTICKETCorp/
Twitter「フォロー」⇒ https://twitter.com/iTICKETCorp/

インスタグラムで導入クリニックをチェック!
Instagramを「フォローする」⇒ https://www.instagram.com/iticket.corp/

関連記事

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら